Zenith Blue

天頂の青空ごとく…
 
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< スパイダーマン2 | main | 掲示板設置 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
通勤時間を使って米国公認会計士になれる本
通勤時間を使って米国公認会計士になれる本 (1)CPA会計
通勤時間を使って米国公認会計士になれる本 (1)CPA会計
ANJOインターナショナル

通勤時間を使って米国公認会計士になれる本というのを見つけた。
 銑イ泙5冊あり、1冊1,000円と安価で1冊200ページぐらいと薄いので読みやすそうだ。
そうだ、この本をきっかけ勉強を始めて、来年中に米国公認会計士試験を受験しよう!読書

米国公認会計士とは日本国内はもとより世界各国でかつやくできる国際資格で、企業などに対して会計・税務・経営に関するサービスを提供する専門家である。

公認会計士は企業が作成する財務諸表に適法性及び適正性に関する意見表明することをその主な職種としている。
企業のグローバル化と共に日本独自の会計基準ではなく国際会計基準(IAS)に準拠した会計基準及び財務諸表が必要となるので、経済の中心である米国の基準が中心となる。
したがって、米国公認会計士(ここからはUSCPAと略す)の必要性・重要性が一層増大するのである。

実は10年前、日本の公認会計士第2次試験の学習し5回受験した経験がある。
2回は択一試験は合格し、論述試験まで進むことができたが論述試験は合格できなかった。
日本と米国の違いがあるとはいえ、基本的な試験範囲や内容は同じである。
とはいえ10年も前なのでうら覚えでしかない。

この本は通勤時間を使って…と書いてある部分に惹かれたのだが、よ〜く考えたら車通勤なので通勤時間に勉強することができない。しょんぼり

この本1冊を2週間のペースで学習し、このシリーズが終わった時点で次の学習カリキュラムを決めたいと思う。


Click Here!


| USCPA | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |









http://zenith-blue.jugem.jp/trackback/5