Zenith Blue

天頂の青空ごとく…
 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 経営者の役割 C.I.バーナード | main | スパイダーマン2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
プロフェッショナル・マネジャーの行動原理 
DIAMONDハーバード・ビジネスレビュー2004年8月号掲載
ピーター F.ドラッガー著『What Makes an Effective Exectuive』
(プロフェッショナル・マネジャーの行動原理)について、
有能な経営者の8つの習慣について8回に分けて論究を試みる。

 峅燭鬚靴覆韻譴个覆蕕覆い」と自問自答していた。

「自分が何をしたいか」ではなく、「何をしなければならないか」を己に問うのである。
そして、「何をしなければならないか」を問うた後、優先順位を決め、一貫してこれを守る。
その第一の最優先課題をやり遂げた後に、そのまま二番目の優先課題に移るのではなく、
そこで優先順位を再考し、「いま何をしなければならないのか」、をいま一度自問する。
それが新たな優先順位へとつながる。

「何をしなければならないか」と自問自答は、日々仕事の中で確認することであるが、
緊急事態的に発生する事柄によって随時変更を余儀なくされることがしばしばある。
そういった場合に、どのタイミングで優先順位を変更し緊急事態(最初は緊急事態と捕えていなくても時間の経過と共にそのように変化していくことがしばしばある)に対応するかが経営者の意思決定問題の中でも重要且つ難しい問題である。


Click Here!

| ビジネス | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:23 | - | - |









http://zenith-blue.jugem.jp/trackback/3